1. ホーム
  2. 資料を知る
  3. 電子展示:おもちゃ絵~紙の上にひろがる学びと遊び~

遊びと教育

電子展示:おもちゃ絵
~紙の上にひろがる学びと遊び~

《 前へ ||    || 次へ 》

3.遊びと知識

(6) 『大新趣向座しきかげへ 初編』 【だいしんしゅこうざしきかげえ しょへん】 [本文画像を見る]

影絵の手の形と映った画像とを掲げたもの。絵の説明がその時代の生活を彷彿させるものもある。「西洋の犬のかたちうつる」、「鴨のゑひらい」、「野中のうし」など。
→資料に示された文字を読む[翻字]
→[印刷用解説](PDF形式103KB)

        

(7) 『新板舌切すずめはなし』 【しんぱんしたきりすずめはなし】 [本文画像を見る]

子供ばなしとされる絵本の一つ。周知の舌切雀の物語が描かれている。粗筋は記されず、物語は絵と登場者の会話で展開する。いじわる婆さんが雀を追い払ったので、やさしい爺さんが雀の宿を訪ねて行くと、雀たちは歓迎して酒宴を催し、土産に宝物の葛籠【つづら】を貰う。羨ましがった婆さんも真似をして雀の宿に行き、同様に土産に葛籠を貰って帰り、葛籠を開けると中に化物が入っていて、恐怖で腰を抜かす。婆さんは爺さんに訓戒されて己れの非を覚る。最後のせりふは、爺さんの「せうじきでなくてはいけませんぞ」の戒めに対して、婆さんが「これからかいしんいたします」と答えている。           
→[印刷用解説](PDF形式130KB)

        

(8) 『新板子供歌尽』 【しんぱんこどもうたずくし】
/ 芳藤画 [本文画像を見る]

子供の歌を何図かに亘って掲げたもの。上とあるが、下はなかったか。歌い出しに歌唱符号が付いている。掲げられた歌は、「人まねこまね酒屋のねこが でんがくやくとて 手をやアいた」、「ううさぎうさぎ なにヲ見てはねる 十五夜お月さま見てはアねる ヒョイ ヒョイ ヒョイ」など。
※下線部は原本で踊り字(繰り返しの記号)で記されています。           
→資料に示された文字を読む[翻字]
→[印刷用解説](PDF形式130KB)

        

(9) 『手遊絵づくし』 【てあそびえずくし】 [本文画像を見る]

一種の教育図鑑であろう。48図が1枚におさめられている。子供の手遊び玩具と共に、動植物が描かれ、それぞれの名が記されている。鶴・雁・鶏・鷺・鴛鴦【おしどり】・鶯・雀・翡翠【かわせみ】・燕・尾長【おなが】・目白・鳶【とび】・鴎などの鳥類、鰹・河豚【ふぐ】・鯛・平目・鮟鱇【あんこう】・蛸【たこ】・鰈【かれい】・鯰【なまず】などの魚類、梅・菊・松・牡丹・木蓮(同画面に万年青も)・葡萄・竹・菖蒲・桜・芙蓉・椿・蓮華・紫陽花・薔薇【ばら】・紅葉などの草木類が見られる。
→[印刷用解説](PDF形式133KB)

        

前へ ||    || 次へ