国立教育系大学図書館協議会の概要



国立教育系大学図書館協議会は,全国にある11の国立教育系大学の図書館で構成する協議会です。

昭和43年に設立され,教員養成の大学図書館の諸問題の検討や図書館職員の研修等さまざまな事業に取り組んでいます。

従来「全国国立教育系大学附属図書館協議会」の名称でしたが、平成16年度の国立大学法人化に合わせて, 「国立教育系大学図書館協議会(JANUEL)」と名称を改めました。JANUELとは、The Japan Association of National University of Education Libraries のacronymです。


協議会の主な活動としては、毎年1回開催される研究部会と総会があります。研究部会は、加盟館が協力して実施する事業に関する協議や加盟館相互の情報交換を目的としています。総会は、館長及び管理職による会議で、協議会に関わる重要事項を審議します。