2020/08/06公開
2020/08/24更新

  オンライン朝読書ルーム


1.「朝読書ルーム」ってなに?

 「朝読書ルーム」とは、Möbius Open Library(メビウス・オープン・ライブラリー:略称MOL)によるオンラインで緩く繋がりながら読書する場です。
「朝読書」は、毎朝の決まった時間に、一人一人静かに読書をする時間のことです。読む本は自由で、読書を習慣づけ、一日の始まりに学習に入る心の準備にもなることから、多くの学校で取り入れられています。 東京学芸大学では、ウィズコロナの取組みとして、オンラインで「朝読書ルーム」を開設しました。 狙いとしては、読書習慣を維持し、生活リズムを整え、何となく近くに人がいるという図書館のようなオンラインの居場所の提供を試みています。

2.8月の朝読書ルームのご案内

  • 実施期間

    8月17日(月)~22日(土) 朝8:00~9:30 ※終了しました。

       8:00~9:00 静かに本を読む時間
        ※8時20分、30分、50分にチャイムが鳴ります
       9:00~9:30 みんなでおしゃべりできる時間
  • 実施方法

    ・オンライン会議システム Zoom 上に、平日毎朝 8:00から開場します。
    ・オンライン会議システムZoomにそれぞれ接続して、カメラの前で本を読みます。
    ・本は自分の好きな本をよむことができます。
    ・年齢制限はありません。お子さまでもご参加いただけます。
    ・目安として、8:20 / 8:30 / 8:50 にチャイムが鳴ります。
    ・読んだ本の情報(書名や著者名など)や感想をチャットに書いて参加者で共有します。
    ・各自好きなときに入室し、好きなときに退室してください。
  • お申し込み先

    ※終了しました。

3.これまでの実施結果


ホームページに戻る企画・協力:東京学芸大学Explayground推進機構 Möbius Open Library
Copyright (C) Tokyo Gakugei University Library. All Rights Reserved.
このページのトップへ↑