開館時間・休館日

開館日


授業期 休業期
月~金8:30-21:308:30-17:00
土・日・祝日
11:00-18:00
休館日
・年末年始(平成28年12月29日から平成29年1月3日まで)
・休業期中の祝日
・3月最終の土日と4月最初の土日
・図書館長が特に休館の必要を認めた日


※臨時の休館を行う場合があります。 お知らせや開館日カレンダーをご確認ください。



各種サービス時間


平日土・日・祝日
授業期休業期
書庫入庫・出納
(書庫に入庫する際は、ロッカーに荷物を入れ、カウンターで手続きをしてください。なお、学外の方は入庫できません。)
8:30-21:008:30-16:3011:00-17:30
修士・博士論文閲覧室利用
※修士・博士論文閲覧室の利用方法
グループ学習室利用 (学内向けサービス)
事務コピー機・コピーサービス利用 8:30-12:00、13:00-16:30
----
マイクロ資料利用8:30-12:00、13:00-16:30
----
文献複写物引渡し (学内向けサービス)8:30-17:00
----
他大学訪問利用受付・紹介状発行 (学内向けサービス)8:30-17:00
----
レファレンス・サービス8:30-17:00
----

附属図書館を利用するには

入館
附属図書館へは正面入口の自動ドアからお入りください。入退館システムを設置していますので、入館の際は、入館ゲートで学生証、職員証、図書館利用証のバーコードを読み込ませ、お入りください。なお、学外の方は、入館受付カウンターで受付をしてからお入りください(学生証、職員証、図書館利用証を忘れた方もカウンターで受付してください)。


図書館利用証
附属図書館の様々なサービスを利用する際に「図書館利用証」が必要になります。図書館利用証の種類・発行方法は、次の通りです。

種類発行方法
学部学生/大学院生/特別専攻科生学生証(裏面にバーコード印字)
-----
専任教職員職員証(裏面にバーコード印字)
-----
上記以外の学生/非常勤教職員/図書館発行のカード学生証又は職員証、身分証明書をお持ちになって、カウンターでお申し込み下さい。翌平日の発行となります。
卒業生/現職教員/一般市民
※ただし利用資格に制限があります。
図書館発行のカード※卒業生/現職教員/一般市民の方への図書館利用証発行

※有効期限は、学部学生4年間、大学院生修士課程2年間、博士課程3年間、研修生および研究生は在籍期間、非常勤教職員は雇用期間です。
図書館利用証を紛失した場合図書館利用証を兼ねている学生証を再発行した場合住所や連絡先に変更が生じた場合は、必ずカウンターで所定の手続きをお願いします。

資料の利用

館内閲覧
1階、2階、3階の図書や雑誌は、自由に閲覧できます。
1階にある視聴覚資料(DVD,CD等)は、カウンターで手続きの上、館内の所定の場所で視聴してください。(視聴覚資料の利用は学内者のみです)
書庫
の資料を利用する場合は、カウンター備え付けの用紙で利用を申し込むか、ロッカーに荷物を入れカウンターで必要な手続きをして入庫してください(入庫できるのは学内者のみです。はじめて入庫する際は、カウンターで入庫手続きに関する説明を受けてください)。


貸出
資料に図書館利用証を添えて、カウンターに申し込んでください。 自動貸出機 を使って自分で貸出処理を行うこともできます。なお、参考図書(辞書や事典など)、1階にある教科書・指導書、視聴覚資料等、一部貸出できない資料もあります。また、延滞資料があると新たに貸出はできません。


貸出区分冊数期間
本学関係者(教職員、学部学生、大学院生、
特別専攻科の学生、研究生、科目等履修生)
一般図書12冊1ヶ月
 雑誌3冊1日
卒業生
現職教員
一般市民(満18歳以上、他大学等に所属していない)
一般図書6冊2週間
※図書を紛失・破損した場合は、弁償していただきます。

延長
図書は他の利用者の予約がなければ、1回に限り手続きした日から2週間延長できます。カウンターで手続きをしてください。返却期限を過ぎてしまうと延長できません。なお、雑誌は延長できません。


予約 ~利用したい資料が貸出中である場合~
学芸大OPACの検索結果画面から申込んでください。
本サービスを利用するためには、情報処理センター発行のユーザ名とパスワード が必要です。
学芸大OPACからの予約方法 (学内向けサービス)
予約できる冊数は、学生・院生等は6冊、教職員は12冊までです。、学外の方は予約できません。


返却
返却する資料は カウンター にお持ちください。返却期限を過ぎた資料があると、貸出などの一部サービスが停止になります。閉館しているときは、設置している ブックポスト にご返却ください。

資料の複写(コピー)

 コピー機は各階に設置しています。図書館所蔵の資料に限り、著作権法の範囲で複写できます。コピーする前に文献複写申込書」で複写の申込みをお願いします。個人の本やノートは複写できません。資料を傷める恐れのあるものは、事前にカウンターにご相談ください。なお、複写は閉館の30分前までとなります。

修士論文・博士論文の利用

 附属図書館1階の 修士・博士論文閲覧室 には、本学の大学院修了生の学位論文(修士論文・博士論文)があります。カウンターで手続きをして入室・閲覧してください(※論文閲覧室の利用について)。なお、本学の学部卒業生の卒業論文は当館にはありません。

他大学図書館資料の利用 (学内向けサービス)

 学芸大学にないものであれば、他大学図書館所蔵資料も所定の手続きによって利用することができます。利用方法は 訪問利用取り寄せて利用(文献複写・図書借受サービス) の二通りです。それぞれの注意事項をよくお読みいただいた上でご利用ください。

訪問利用
訪問利用について

取り寄せて利用(有料です)
附属図書館トップページからマイライブラリにログインし、操作メニューの「文献複写依頼」もしくは「図書借受依頼」をクリックしてください。
他機関へ依頼した後にキャンセルはできません。有料のサービスでもあるので、よく検討してから、さらに時間に余裕を持って申し込んでください。
本サービスを利用するためには、情報処理センター発行のユーザ名とパスワード が必要です。
  • 文献複写・図書借受の申込みについて

     ※参考:学外の図書館を使う(TIPS for LIBRARY 9)
  • レファレンスサービス

    図書館利用に関する各種相談や質問は、1階 カウンター にお寄せください。資料の探索や調べ物などのサポートも行っています。
    平日8:30-17:00
    カウンター
    TEL : 042-329-7223, 7225
    E-mail : library

    グループ学習室 (学内向けサービス)

    3名以上のグループで利用できる学習室です。
    カウンターで予約してご利用ください。

    ホームページに戻るCopyright (C) 1996-2015 Tokyo Gakugei University Library. All Rights Reserved. このページのトップへ↑