1. ホーム
  2. 資料を知る
  3. 電子展示:寺子屋の学習と往来物

江戸~明治時代の教科書

電子展示:寺子屋の学習と往来物

《       || 次へ 》

はじめに

平安時代末から明治初頭にかけてつくられた教科書を「往来物【おうらいもの】」とよぶ。そもそも「往来」とは手紙、書簡の意で、往返一対の手紙の模範文をいくつも集めて初等教科書として編集したものを「往来物」と称した。

書簡文例による文字や文章の学習の伝統は、古く平安末期の明衡往来[めいこうおうらい]<異称『雲州往来』>』までたどることができる。その後、鎌倉期の『十二月往来』をへて南北朝期の『庭訓往来』に至り、江戸時代に継承されてゆくわけである。


江戸時代には、経済の進展によって庶民層にも文字の習得の必要が生じたこと、また、印刷・出版技術が向上し、普及したことなどにより、多種多様な初等教科書類が大量に世に送られた。これらの教科書類の中には、『実語教』『童子教』のように手紙の模範文の体裁をとらないものもあったが、やはり「往来物」とよばれた。寺子屋においては、手紙の模範文による学習が伝統的なものでもあり、一般的なものでもあったので、初等教育の教科書類を「往来物」と総称していたのである。


《       || 次へ 》